スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

~クリスマス~

イブの日の夜、夕方飲んだ 珈琲のせいか・・・

朝まで 眠れなかったので起きてました。

(トナカイさんが 来るかな~~)とか 思いつつ・・・鈴の音も聞こえませんでした。

電気をつけてたので 素通りされたかな。

 

クリスマスケーキは、誰かが買ってくるでしょ・・と、

なすくりあっちゃって、重なってもいけないので

・・・と、買って無くて、チキンとお寿司。

・・・おまけに突然、蛍光灯が切れちゃって 真っ暗~

ケーキでも買ってあれば、ローソクで ゆらゆら薄明かりで 

それなりの雰囲気もあるのに・・

なんだかな~~さすが、間抜けた我が家のクリスマスイブ。

 

 

コンクールは終わって 一息ついていますが、

今度は、音大の生徒さんの卒業試験の曲をレッスンしていて。。

卒試の曲なので、長いし大曲だし どんなに時間があっても足りないです。

しかも、まだまだ 未完成の生徒さんもおられるし・・

大学でみてもらってる曲は 基本的には レッスンしないつもりでしたが・・

ほっておくと とても間に合いそうにないので、補講しまくりです。

イブの日も もともとレッスンの生徒さんもおられますが、空いてる時間は 

すべて補講に回しました。

 

「24日のイブの日しか、時間とれないわ~ 後は、 28日かな・・・・」・・と、私。

 

「両方 行かせていただいてもいいですか?

先生へのクリスマスプレゼントは

 栄養ドリンクにしますから」・・・と、Aちゃん。

 

24日、冗談かと思ったら 本当に栄養ドリンクを1ケース プレゼントいただきました。

 

 

私も疲れてるけど・・栄養ドリンク飲んで、頑張らないといけないのは Aちゃんなのにね♪

 

夕方から補講をしました。まだ 20%しか弾けてません・・

私は、他の生徒さんのレッスンもあるので 

別のお部屋で私が帰る時間まで 練習してもらうことに「決定」

もちろん、自分の生徒さんですけど、

この曲を仕上げるのは 大学の先生のお仕事でしょうに・・

・・と、頭に疑問符も感じつつ。。

ですが卒試までに あと一度しかレッスンはないとのこと・・・

私なら、いくら自己責任とはいえ、こんなにできてなかったら、

明るいお正月は迎えられないと

同じ講師の立場として思うのですけど・・まあ、価値観が違うのか・・

色々 お勉強になります。

 

どうか・・28日にまでには、せめて最後まで弾けていますように・・・

弾けるようにならないことには、解釈云々・・なんてレッスンにはいきつかないし。

お正月、

我が家に 練習合宿にいらっしゃい・・と 言いたいくらいです。

そんなこんなでイブは終わり・・・

 

数時間の仮眠ののち、25日もどーーーんと、レッスン。

 

最初は作曲概論の講座・・恩師の奥様もこられてらっしゃいます。

クリスマスの日なので、クリスマスを意識した主題を宿題にしておけばよかったのに

なんと宿題にしてたのは、短調の暗いテーマ。

(今年最後の講座の日なのに、もう少し明るい曲をテーマにしておけばよかったわ~)

 

・・・と、計画性のない私を立証

 

最後に、そのテーマを使って 即興で曲を演奏してみました。

「このテーマだと マッチ売りの少女 みたいな曲になりそうですけどね~

もっと 明るいテーマを宿題にしたら良かったですね♪」

 ・・・といいつつ。

 

 

基本的に創ることも 弾くことも大好きな私。即興演奏も大好きです。

 

その暗いテーマを使い、即興で創って演奏しました。

 

すると・・

 

「なんと 綺麗な曲なんでしょ・・・涙が出ました・・」

 

社交辞令でおっしゃってくださってるのかと思って振り返ると、

眼鏡をはずされて、本当に涙をぬぐっておられました。

 

私の創った曲と演奏で、涙を流してくださってる・・・

音楽・・って 本当にいいですね。

音で心が伝わったのかしら・・と 思えた嬉しい瞬間でした

 

栄養ドリンクも嬉しかったですけど、

最近 私自身は、なかなか演奏活動はできず

指導しているほうが多いので・・嬉しかったです。

 

 

最近、熟年の男の方がレッスンにこられることが多くなりました。

先月からレッスンを開始したOさん。小3までは、習っておられたそうで

かなりのブランクののちの レッスン再開でした。

「ラピュタ」が好きで、どうしても「君をのせて」が 弾きたいとおっしゃり

頑張っておられます。

右手だけ・・という日も レッスンの時は 私が隣で 即興でオーケストラのような

伴奏をつけてさしあげると

 

「先生~~すっごい~ 弾いとって とても気持ちいいですーー」

 

そう思っていただけることが一番。

音をだすことって 楽しいことですものね~(*'ー'*)

 

その後は、音大受験生・趣味の大人の人・・などなど

 

盛りだくさんの充実したレッスンを終了したのは 10時を過ぎていました。

 

心地よい疲れの中、自転車で帰宅 「木枯らし」が吹いてました。

寒かったけど、心は温かい

 

そして、今日こそあると思ったクリスマスケーキ・・・またしても 無かったです(/_;)

ついに、ケーキは 食べられなかったです

 

26日 本日はオフ。

昨夜から お年賀状をやっと書き始めた私。

全部手書きするもので、なかなかすすみませんが・・

心を込めて書きましょう・・っと。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

スポンサーサイト

~聖夜~

★HAPPY Merry Christmas★

 

 

困っちゃったサンタさん

作曲講座のグループレッスンの時のこと・・

 

「みんなのお家には、サンタさん くるのかしら~~??」

 

(中学 高校生のグループなのですけどね)

    「家 今年きまーす」

  「家は、お金あげるから 好きなものを買ってね・・・です」

   「家は、何がくるか 考え中・・」

    

そんな中 

    「家は きません(/_;)」・・・と、一人っ子お嬢様のYちゃん。

 

    「えーーー」・・・と 私たち。

 

    「エントツがないからかしらね~~」

 

    「いえ、母さんに言ったら、家は 仏教だから・・って言われました」

                                (Yちゃんは ほしいときに買っていただけるので 毎日がクリスマス)

 

    「まあ、確かに・・家も仏教だから、毎年 トナカイに通過されちゃうのね~」・・と私。

           

 

・・・などと、話ていたら。。

 

高1のAちゃん。

 

    「家の妹、小学6年なんですけどね。まだ サンタさんを信じてるんですよ。

     ・・・で サンタさんへのお手紙の封筒を 家族中で探すんですけどね・・

 

     なんと今年は・・

 

     サンタさん、お願いがあります。本当は ゲーム機がほしいですけど

     私はどうしても 習字がやめたいです。本当はゲームがほしいけど

     習字をやめさせてもらえるなら ゲーム機はあきらめますから

     習字をやめさせてください。どうかよろしくお願いします

 

     ・・・と書いてあって、その答えを 母さんが 私に聞いてくるんですよ~」

 

     お習字をやめないなら、ゲーム機を買ってあげてもいいんだけど・・と 

     お母さんは おっしゃってるらしく・・・

     サンタさんからのお返事は、毎年 Aちゃんが パソコンで書いてるらしく・・

     

     どんなお答えになるのかしら。。。困ってました。

     ・・・ですが、 信じている妹さんに みんな「かわいい~~」

 

 

  困ったサンタさん、お返事はなんと書くのかしら~(*'ー'*)

~ 奏でる心 ~

コンクールファイナル やっと終わりました。

総勢14人の合奏でしたが・・編曲から曲の組み立てまで・・

そして 音楽的に演奏できるために・・

 

最後の練習を聴きながら。。

心から この曲を表現しょうとしてもらえている生徒さんたちは 私の宝物だわ。

今 この瞬間の音は 永遠に形として残るものではないけど

みんなの心が同じ方向性を向き合い、演奏してもらえている姿と音は

キラキラ光る宝石のようでした。

そして、その音の世界に 同席できてる私は なんて幸せなんでしょう~と・・

思いました。

同じ音楽を共有できる喜び 心に染み入る音の世界。

 

たとえこの身が滅びても、私が愛した音楽は 生徒さんの心に伝わって生きつづけて

もらえることを確信しつつ、涙が出そうでした。

 

「本当に 素敵な瞬間ね・・みんなで 同じ音楽を心をこめて 奏でられて

 同じ時間 音楽を共有できて、聴かせてもらっている私も 本当に心地いいわ

 どうもありがとう~」それ以上 言葉を発すると 泣き出してしまいそうでした。

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

本番も 1000人以上の方たちの前で、心を込めて 奏でてもらえました。

 

結果は「金賞」 結果だけに こだわる指導はしてきたつもりはなかったし

音楽に点数をつけるものではないと 日頃から思っていますが

表彰されている生徒さんをみながら・・涙が流れました。

 

コンクールが終わって、みんなで写真をとるので

・・と 私を 探し回ってくれていました。

 

みんな胸には、頂いた「金メダル」

ひとりの生徒さんが、自分のメダルをはずして、

 

「この金メダルは 先生にかけてもらいたいです」・・・と、私にかけてくれました。

なんと 優しい(/_;)

そうでなくても、泣きそうなのに・・

 

「気持ちだけで ありがとう みんなしてるのに 一人ないのは おかしいわよ~」

 

メダルをかけてくれた生徒さんに、再びかけてあげました。

 

感謝したいのは、私の方なのに・・私を育ててくれているのは みんななのに・・

 

心残りのない達成感に満ちた演奏で ステージからもどってきました。

会場からも 演奏後の拍手もたくさんいただきました。

 

素敵な曲を 感動的にみんなで奏でてくれて どうもありがとう。

いつまでも 音楽を愛して 心を込めて奏でてね。

きらめくような生き生きとした音 涙がでるほどの美しいメロディ

あのとき、あの瞬間を 私は決して忘れないでしょう。

 

 

 

 

プロフィール

☆ふーが☆

Author:☆ふーが☆
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。